勤怠システムの基礎知識について

勤怠システムは、社員の給料を算定するうえで、欠かすことができないシステムです。


勤怠システムのメソッドは時代の波とともに変容して、昨今では非常に大きく2種類に分類されます。

昭和の主力で現在でも残るのが、タイムレコーダーによるマネージメントです。



勤怠システムに費用をかけられない中小零細企業では現在でもこの手法をとっています。

オフィススタイルの小さい規模の会社であれば、玄関に、あるいはビルであったら社員通用口に備え付けられているのが通例です。

この手法の利点は、必須条件としてセッティングの場所を過ぎ去るため、押し忘れることがないことです。


ウイークポイントはアナログであるタイムカードですので、事務の仕事で手動で勤務する時間を導き出さなくてはならないところです。

それに加えて不正の可能性があることです。

これに対して、平成以後あっという間に拡がったのが社員証を使ったバーコードをスキャンするデジタルスタイルによる勤怠システムです。

まったく新しい勤怠システムがオススメです。

小売のケースではレジスターに勤怠の管理のボタンがあり、職務に取り掛かるよりも前にスキャンの敢行します。

YOMIURI ONLINE技術のご紹介です。

こちらのシステムの素晴らしいところはやはり管理から計算、そしてレコーディングの転送まで一元化して敢行できるところです。社員証についてのスキャンですから第三者のカードを取りちがえてしまうようなケアレスミスもなく、フォト入りの社員証であるならば不適正な利用はできません。

多方面にわたってプラス面が大きいシステムになります。


Copyright (C) 2016 勤怠システムの基礎知識について All Rights Reserved.